HOME » サイトマップ » マップ片手に歩いてみた INDEX » マップ片手に歩いてみた<国分寺編>

マップ片手に歩いてみた<国分寺編>2018年05月20日号

マップ片手に歩いてみた <立川編>

 国分寺がこの地に建立されたことが名前の由来という国分寺市。歴史文化財を訪ね歩くのにぴったりな「国分寺歴史・観光マップ」を手に、新緑の国分寺を歩いてみた。

(取材/山下 里美)

 

マップ片手に歩いてみた<国分寺編>

 

 選んだのは「こくぶんじ恋のみちコース」。「美しい日本の歩きたくなるみち500選」のひとつにも数えられている散策コースだ。

 JR西国分寺駅をスタートし史跡通りを進む。目指す伝鎌倉街道は、鎌倉時代に幕府所在地の鎌倉と各地を結んだ幹線道路。雑木林の中を通る約120mの切通しが保存されている。

古に思いを馳せながら歩きたい伝鎌倉街道

古に思いを馳せながら歩きたい伝鎌倉街道

 その伝鎌倉街道を下ると市立歴史公園武蔵国分尼寺跡だ。尼坊の礎石や金堂跡の基壇などが復元されており、現在は公園として整備され開放されている。公園からJR武蔵野線の下をくぐり、畑が残る住宅街を抜けると武蔵国分寺跡にたどり着く。ここは全国にある国分寺跡のなかでも規模が大きく、歴史的にも重要なことから大正11年に国史跡に指定された。市は復元・整備事業を進めており、平成25・26年度には講堂跡の基壇を復元。今後も、中門や鐘楼などを復元する予定だ。周辺には、万葉集に詠まれている植物を集めた万葉植物園、真言宗豊山派の寺院である国分寺、国分寺市武蔵国分寺跡資料館など見どころが集中。散策コースとしては王道中の王道で、外国からの旅行者も含め、多くの人で賑わっていた。

 またこの辺りには湧水点も多く、環境省の名水百選にも選ばれている「真姿(ますがた)の池湧水群」や、湧き水を集めて流れる小川沿いの散策路「お鷹の道」は人気のスポット。夏でも涼しいに違いない。

 史跡の駅「おたカフェ」でひと休みしたい気持ちをこらえ、崖上にある都立武蔵国分寺公園まで一気に進む。広々とした芝生の公園で一息つき、再び遊歩道をお鷹の道へと戻る途中、自転車を担いで登る人と遭遇。あぁ、お疲れさまです。

 元町用水と野川の合流点に位置する不動橋を渡り、JR国分寺駅を素通りし、スタート地点のJR西国分寺駅へ戻った。王道の散策コースは楽しかった。

 

 

 

 

タグ:国分寺 伝鎌倉街道 真姿の池湧水郡 お鷹の道

 

 

 

定期購読のご案内

NEWS TOKYOでは、あなたの街のイベントや情報を募集しております。お気軽に編集部宛リリースをお送りください。皆様からの情報をお待ちしております。

都政新聞株式会社 編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215  FAX 03-5155-9217
一般社団法人日本地方新聞協会正会員