HOME » NEWS TOKYO バックナンバー » 酒井文子の江戸東京野菜deクッキング » 第2回 金町こかぶと塩鮭の粕汁
環境
2010年2月20日号

酒井文子の江戸東京野菜deクッキング 第2回

金町こかぶと塩鮭の粕汁

 立春は過ぎましたが、まだまだ寒い日があると思います。そんな日におすすめなのが、「粕汁」です。寒い日には、具沢山の温かい粕汁を食べて、心も身体もほっこり、ぽかぽかしましょう。

金町こかぶと塩鮭の粕汁

鮭の淡いピンクと金町こかぶの茎の緑が、白い粕汁に映えて見た目も美しい。ゆず胡椒が味をピリリと引き立たせる。

<材料 4人分>

金町こかぶ(ゴルフボールくらいの
大きさ、葉茎付き) 4個
にんじん 1/2本
細ねぎ 1/2束
干し椎茸 2枚
昆布 5cm
塩鮭 1切れ
ごま油 少々
水 800cc
酒粕 120g
酒 大さじ2
味噌 大さじ3
塩 少々
ゆず胡椒 適宜

 

<作り方>

1.金町こかぶは良く洗い、葉とかぶに切り分け、葉は2cmの長さに切り、かぶは縦半分に切ってさらに縦に5mm幅に切る。

2.にんじんは良く洗って、半月切りにする。細ねぎは、2cmの長さに切る。

3.ボウルに800ccの水を入れ、ハサミで細く切った昆布と干し椎茸を入れる。干し椎茸が戻ったら、取り出して薄切りにしてボウルに戻す。

4.鮭は4等分に切る。

5.鍋に火をかけ、ごま油少々で金町こかぶ、にんじんを軽く炒め、3を加える。

6.沸騰したら、鮭と酒を加えて火を弱め、材料が軟らかくなるまで、アクを取りながら煮る。

7.ボウルに酒粕と味噌を入れて、煮汁で溶かしておく。

8.材料が軟らかくなったら、6に7を加えて良く混ぜ、塩で味を調える。

9.最後に細ねぎを加え、器に盛ってゆず胡椒をのせる。

 

■酒井文子プロフィール

東洋大学文学部教育学科卒。食育・野菜料理コーディネーター、江戸東京野菜料理研究家、食育実践アドバイザー、ベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)他。主に自ら栽培した野菜や小金井産地場野菜、江戸東京野菜を使い、「畑から食卓まで」と「楽しく、美味しく、おもしろい」食育活動を展開中。

 

 

■連載「よみがえれ!江戸東京・伝統野菜 第9回 金町こかぶ」はこちら

 

タグ:

江戸東京伝統野菜 地産地消 農業

東京都自治体リンク
東京トヨペット
LIXIL
プロバンス
光学技術で世界に貢献するKIMMON BRAND
ビデオセキュリティ
アルゴ
株式会社キズナジャパン
伊豆ガラス工芸美術館
日野自動車
ナカ工業株式会社
東京スカイツリー
東日本環境アクセス
株式会社野村不動産 PROUD
三井不動産 三井のすまい
株式会社 E.I.エンジニアリング
株式会社イーアクティブグループ
株式会社ウィザード・アール・ディ・アイ
 
都政新聞株式会社
編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215
FAX 03-5155-9217