HOME » NEWS TOKYO バックナンバー » よみがえれ!江戸東京・伝統野菜シリーズ » 第7回 練馬大根
環境
2009年12月20日号

よみがえれ!江戸東京・伝統野菜
第7回 練馬大根

大竹道茂の江戸東京野菜ネット
http://fv1.jp/ootake/index.html

(取材/細川 奈津美)

 

 

今年で3回目を迎えた「練馬大根引っこ抜き競技大会」

今年で3回目を迎えた大会の参加者は約470名。男性・女性・グループに分かれて競技が行われた

 大根の練馬か、練馬の大根かと言われるほどに名をはせた練馬大根。徳川五代将軍綱吉が、尾張から大根の種を取り寄せ、下練馬村の農家に生産を命じたのが始まりとされている。その後、江戸の人口、百万人を超える需要に応える野菜の供給地として発展し、明治になっても市街地が拡大していくのに伴って一層増大した。

 しかし、昭和になってから発生した大干ばつに伴い、モザイク病(ウィルスにより大根の成長が止まる病気)が大発生し、昭和30年頃から栽培が衰退し、練馬大根が出回ることはほとんどなくなってしまった。

 危機的状況にある練馬大根を復活させるため、平成元年から練馬区と農家、農協が連携し、「練馬大根育成事業」に取り組んでいる。本紙先月号でも告知した練馬区とJA東京あおばが主催の「練馬大根引っこ抜き競技大会」もこのプロジェクトの一環。練馬大根は青首大根に比べ長くて、先が太いため、引き抜くことが難しい。練馬区では地産地消を促進しようと、平成19年から区立小中学校の全生徒(約4万8000人)が学校給食で食べている。大会参加者に抜いてもらった約4000本の練馬大根のうち3300本も、翌日には学校給食に使われ、食育の一翼も担っている。

練馬大根引っこ抜き競技大会

引き抜かれた大根は翌日、区内の全小中学校の給食に調理される

 この育成事業で栽培されている約1万3000本の練馬大根は、市場には出回らず、主に区内の漬物加工会社で使用され、1月にJA農産物直売所などでたくあん漬や練馬大根ドレッシングが販売される。また、練馬区にちなんだ商品「ねりコレ」では、練馬大根を使った和菓子やクッキー、パンなども販売されている。

 

東京都自治体リンク
東京トヨペット
LIXIL
プロバンス
光学技術で世界に貢献するKIMMON BRAND
ビデオセキュリティ
アルゴ
株式会社キズナジャパン
日野自動車
ナカ工業株式会社
東京スカイツリー
東日本環境アクセス
株式会社野村不動産 PROUD
三井不動産 三井のすまい
株式会社 E.I.エンジニアリング
株式会社イーアクティブグループ
株式会社ウィザード・アール・ディ・アイ
 
都政新聞株式会社
編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215
FAX 03-5155-9217