HOME » NEWS TOKYO バックナンバー » よみがえれ!江戸東京・伝統野菜シリーズ » 第2回 馬込半白きゅうり
環境
2009年8月20日号

よみがえれ!江戸東京・伝統野菜
第2回 馬込半白きゅうり

大竹道茂の江戸東京野菜ネット
http://fv1.jp/ootake/index.html

(取材/細川 奈津美)

 

 

復活しつつある馬込半白きゅうり

復活しつつある馬込半白きゅうり。病害虫に弱く、種を取るのが難しいのが伝統野菜の特長でもある

 大田区の馬込地区発祥で、元の部分が淡い緑、その他が白いから「馬込半白きゅうり」という。節ごとに次々と雌花が咲いて実がなる「節なり」タイプのきゅうりで、この種は全国に広がったが、やがて今流通している青きゅうりに押され、ほとんど見られなくなってしまった。その味を懐かしむ声により、現在は練馬区や三鷹市、国分寺市、小金井市などでも栽培が復活。直売所などでも販売され始めている。

 江戸東京・伝統野菜研究会会員で、食育・野菜料理コーディネーターの酒井文子さんに、馬込半白きゅうりを使ったレシピを紹介してもらった。「まずは普通のきゅうりと食べ比べてみてください」と言われ、丸ごとかじってみると、皮がやわらかく、普段食べているものに比べてしっとりしている。「伝統野菜というとマニアな人たちだけのものになりがち。いろいろな世代の人に食べてほしい」と酒井さん。さまざまなアレンジがあるが、ここでは一番手軽なものを紹介する。

馬込半白きゅうりを使ったお漬物

右がピリ辛漬け、左はヨーグルト味噌漬け。こちらはぬか漬けのような味

【馬込半白きゅうりのピリ辛漬け】
★材料(4人分):馬込半白きゅうり3~4本、塩少々、生姜適宜、鷹の爪2分の1本、醤油・みりん(酒)・りんご酢各大さじ2
★作り方:1.馬込半白きゅうりをよく洗い塩をつけて板ずりし、切り離さないように注意して、包丁で斜めに両面切れ目を細かく入れ蛇腹にする。
2.1を熱湯でさっと茹で、食べやすい大きさに切る。
3.生姜は千切りにする。
4.鍋に生姜、鷹の爪、醤油、みりん、りんご酢を入れて、一煮立ちさせる。
5.4が熱いうちに、2を加えて冷ます。

 生姜と鷹の爪のピリリとした辛さがこれからの時期にちょうどいい。酒のつまみにも。

 酒井文子の江戸東京野菜レシピ

http://fv1.jp/blog_sakai/index.html

 

東京都自治体リンク
東京トヨペット
LIXIL
プロバンス
光学技術で世界に貢献するKIMMON BRAND
ビデオセキュリティ
アルゴ
株式会社キズナジャパン
伊豆ガラス工芸美術館
日野自動車
ナカ工業株式会社
東京スカイツリー
東日本環境アクセス
株式会社野村不動産 PROUD
三井不動産 三井のすまい
株式会社 E.I.エンジニアリング
株式会社イーアクティブグループ
株式会社ウィザード・アール・ディ・アイ
 
都政新聞株式会社
編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215
FAX 03-5155-9217