HOME » NEWS TOKYO バックナンバー » よみがえれ!江戸東京・伝統野菜シリーズ » 第21回 のらぼう菜
環境
2011年3月20日号

よみがえれ!江戸東京・伝統野菜
第21回 のらぼう菜

大竹道茂の江戸東京野菜通信
http://edoyasai.sblo.jp/

(取材/細川 奈津美)

 

 

本来は3月下旬から1カ月足らずの旬の短いものだったが、現在は2月初旬ごろから出荷できる早生種も栽培している

 のらぼう菜は、江戸時代にあきる野・五日市周辺で栽培が広まったアブラナ科の野菜。明和4(1767)年、幕府代官伊奈備前守が、ジャバナ(闍婆菜)の種を五日市の名主に配付し、採油用や救荒作物として栽培を奨励したという。天明・天保の飢饉の際、のらぼう菜のおかげでこの地域の住民が救われたという碑も残っている。

 冬の寒い時期に育つのらぼう菜は、小松菜やホウレンソウよりも甘みがあり、くせがない。しゃきしゃきした食感で生でも食べられる。かき菜と似ているが、大きい葉のふちがギザギザで、成長してくると茎や葉のふちにほんのり赤紫色が出てくるのが特徴だ。

 自家採取で味もかたちもばらばらだったのらぼう菜の品質を統一させ共同出荷しようと、10年ほど前に「五日市のらぼう部会」が発足した。部会では20軒から集めた種を立川市の農林総合研究センターで3年間試験栽培。育ち具合や味など、本来ののらぼう菜に近い種を認定した。種は交雑しないよう厳重に管理され、部会の生産者46名のみに配布。栽培方法も細かく決められている。


柔らかい脇芽を選別し手で収穫する五日市のらぼう部会会長の中村義明さん(上)と副会長の坂本彬さん

 「8月半ばに種を蒔き、10月に定植する前に消毒を1回するだけで、あとは収穫まで無農薬。安全性の高い野菜なんです」と会長の中村義明さん。五日市の特産品として、もっと広めていきたいが、柔らかいため朝収穫したものでも夕方にはしんなりしてしまうという。そのため、遠方には出荷できないので、現在は昭島市場とJA直売所のみに出荷している。3月下旬から4月中旬の土・日曜には武蔵五日市駅前でも販売される。

 「最近は他の地域でものらぼう菜が栽培されているようですが、『五日市産のものが一番美味しい』と言ってくれるのが嬉しい。やはりここの風土にあった伝統野菜なんでしょうね」と副会長の坂本彬さん。

 葉も茎も柔らかくほんのりと甘いのらぼう菜は、春の訪れを告げる伝統野菜だ。

 

本記事でご紹介したのらぼう菜を使った料理「のらぼう菜とベーコンの炒め物とのらぼう菜の菜飯」のレシピはこちらをご覧ください。

東京都自治体リンク
東京トヨペット
LIXIL
プロバンス
光学技術で世界に貢献するKIMMON BRAND
ビデオセキュリティ
アルゴ
株式会社キズナジャパン
日野自動車
ナカ工業株式会社
東京スカイツリー
東日本環境アクセス
株式会社野村不動産 PROUD
三井不動産 三井のすまい
株式会社 E.I.エンジニアリング
株式会社イーアクティブグループ
株式会社ウィザード・アール・ディ・アイ
 
都政新聞株式会社
編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215
FAX 03-5155-9217