HOME » NEWS TOKYO バックナンバー » 酒井文子の江戸東京野菜deクッキング » 第16回 たけのこ入りボンゴレ木の芽風味
環境
2011年4月20日号

酒井文子の江戸東京野菜deクッキング 第16回

たけのこ入りボンゴレ木の芽風味

たけのこ入りボンゴレ木の芽風味

<材料 4人分>

茹でたけのこ 180g
あさり(殻付き) 400g
にんにく 2かけ
木の芽 60枚位
スパゲッティ 320g
オリーブオイル 大さじ3~4
白ワイン 大さじ2
塩・醤油 少々

 

<作り方>

1.たけのこは食べやすい大きさの薄切りにする。

2.木の芽は40枚をみじん切り、20枚は飾りにする。

3.にんにくは薄切りにする。

4.大きめの鍋に湯を沸かし、沸騰したらお湯の量の1%の塩とスパゲッティを加えて、袋に表記の茹で時間まで茹でる。茹で汁は1カップほど取っておく。

5.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、香りが立ったらあさりと白ワインを入れてフタをし、殻が開いたらたけのこを加えて炒め、塩で味を調える。

6.スパゲッティが茹で上がったら、5に木の芽のみじん切りを加え(汁気が足りなければ、スパゲッティの茹で汁を加える)、香り付けの醤油少々を回しかけ、良く和えて器に盛り、木の芽を飾る。

 

<たけのこの下ごしらえ>

1.掘りたてのたけのこは、茹でずに調理できる。

2.掘って数時間のたけのこは、皮付きのままほさきを切り落とし、皮をむかずに茹でる。

3.掘ってから1日以上たったものは、皮をむいて茹でる。

 

<たけのこの詳しい茹で方>

1.皮をむき、根に近い部分に赤いイボがあったら、硬いので削り取る。

2.たけのこに火が通りやすいように縦半分に切る。

3.むいた皮の白い部分(姫皮)も食べられるので、切り取ってたけのこと一緒に茹でる。

4.大鍋にたけのこ、姫皮、たっぷりの水、赤唐辛子1本、米ぬか1/2カップを入れる。

5.4を火にかけ、たけのこに竹串を刺して簡単に刺さるくらい軟らかくなるまで、40~50分茹でる。

6.茹で上がったら、火を止めてそのまま冷ます。冷めたらきれいに洗って、使うまで水に浸けておく。

※水に浸けたまま(水は毎日変える)冷蔵庫で1週間保存できる。

 

■連載「よみがえれ!江戸東京・伝統野菜 最終回 たけのこ」はこちら

 

タグ:

江戸東京伝統野菜 地産地消 農業

東京都自治体リンク
東京トヨペット
LIXIL
プロバンス
光学技術で世界に貢献するKIMMON BRAND
ビデオセキュリティ
アルゴ
株式会社キズナジャパン
伊豆ガラス工芸美術館
日野自動車
ナカ工業株式会社
東京スカイツリー
東日本環境アクセス
株式会社野村不動産 PROUD
三井不動産 三井のすまい
株式会社 E.I.エンジニアリング
株式会社イーアクティブグループ
株式会社ウィザード・アール・ディ・アイ
 
都政新聞株式会社
編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215
FAX 03-5155-9217