HOME » 今月のTown Topics

今月のTown Topics2017年09月20日号

 

東京都23区26市5町8村の話題をとり上げます

 東京23区26市5町8村のまちの話題をピックアップして掲載しています。あなたのまちのとっておきの情報がありましたら、編集部までどしどしお寄せ下さい。お待ちしております。

(取材/山下 里美)

 

今月のTown Topics

 

プレーリヤカーで乳幼児の遊び場づくり

世田谷区

 世田谷区は、日本におけるプレーパーク発祥の地。区をあげて子どもの外遊びをサポートしている。

子どもは遊ぶことをとことん楽しむ

子どもは遊ぶことをとことん楽しむ

 リヤカーに遊び道具を積んで公園に出向き、乳幼児の遊び場を作るプレーリヤカーは、世田谷区の事業として2006年に始まった。現在、区内18の公園や広場で8団体が実施している。

 KOPA(外遊びと子育て支援研究会)代表の矢郷恵子さんはその考案者。同団体は、笠森公園やしもきたスクエアなど、区内4カ所の公園や広場でプレーリヤカーを実施している。

実際にリヤカーで公園に出現

実際にリヤカーで公園に出現

 「子どもたちが大好きな、砂と水の遊び場を身近に作りたいと思ったのがきっかけです。リヤカーを使うのは、駐車場に止める必要はないし、細い道でも移動できるから。車と違って誰でも扱うことができるのもメリット」と話してくれた。リヤカーがあることが「今の時間はここで乳幼児が遊べる」という合図にもなる。

 プレーリヤカーは各公園などで月1~2回ほど実施。園庭をもたない保育園の子どもたちも利用するそうだ。サポーターが2人つき、子どもたちの遊びを見守ったり、親同士の交流を手伝ったりする。会場や開催日などは、世田谷区の公式サイトhttp://www.city.setagaya.lg.jp/から確認できる。

 

【防災】シブヤ・アロープロジェクト

渋谷区

 シブヤ・アロープロジェクト: 渋谷区では、帰宅困難者対策として「シブヤ・アロープロジェクト」を開始した。区が独自に設定した「一時退避場所」に、帰宅困難者を誘導する「矢印サイン」を設置するという取り組みで、東日本大震災の時、ハチ公広場などに帰宅困難者が滞留したことを教訓にしている。来街者に「一時退避場所」の位置を認知してもらうには、アート性の高いデザインの「矢印サイン」が有効と考え、制作をアーティストに依頼、複合施設「渋谷キャスト」前歩道と渋谷区清掃事務所宇田川分室壁面の2カ所に設置した。

 

【イベント】北とぴあ演劇祭2017

北区

 北とぴあ演劇祭は、北とぴあ開館10周年記念事業のひとつとして平成12年に初開催され、今年18回目を迎える区民手作りの演劇祭。期間中は区内高校の演劇部や、北区を拠点に活動するアマチュア劇団29団体が、現代劇から時代劇まで、それぞれが趣向を凝らした舞台を披露する。入場料は400円~1000円程度で、誰もが気軽に演劇を楽しむことができる。10月15日まで。詳細は北とぴあ演劇祭公式サイトhttp://www.hokutopiaengekisai.com/で確認できる。

 

【シティプロモーション】短編動画シリーズ By yourside Shinagawa

品川区

 品川区は、株式会社ケーブルテレビ品川、ディスカバリー・ジャパン株式会社と共同で、外国人観光客誘致を促す短編動画シリーズ「By yourside Shinagawa」を制作し、アジアをを中心とした15カ国のディスカバリーチャンネルで放送を開始した。エピソードは各60秒、区内の5つのスポットを女性リポーターが実際に訪れ、グルメや伝統文化など、品川ならではの体験を紹介している。日本語と英語の2バーションあり、しながわ観光協会の公式サイトhttp://www.sinakan.jp/で閲覧できる。

 

【イベント】神田カレー街食べ歩きスランプラリー

千代田区

 400以上のカレー店が集結する神田エリア。11月30日まで「神田カレー街食べ歩きスタンプラリー」を開催している。カレー店88店舗と展示のスタンプポイント4カ所で開催され、「神田カレー街公式ガイドブック2017」を参加店に提示しスタンプを集める。4コースあり、制覇したコースの数に応じたグレードのマイスター賞が授与される。11月4・5日には「第7回神田カレーグランプリ2017グランプリ決定戦」も開催。詳細は公式サイトhttp://kanda-curry.com/で確認できる。

 

【子育て支援】送迎保育ステーション開設

町田市

 「保育の希望時間と保育施設の開所時間が合わない」「住まいや勤務地と保育施設が離れている」等の理由で、保育施設の利用が困難になる場合がある。そこで町田市では、朝と夕方、児童が在籍する指定保育園等に登園・降園するまでの間、児童を一時的に預かる「送迎保育ステーション」を小田急線町田駅近くに開設。10月2日から、児童を専用車両で保育施設まで送迎する保育サービスを開始。駅周辺と保育施設をつなぐことで、子育てしやすい環境を整備する。対象は1~5歳児、利用料は月額2000円~。

 

  
 

 

 

タグ:世田谷区 渋谷区 北区 品川区 千代田区 町田市

 

 

 

定期購読のご案内

NEWS TOKYOでは、あなたの街のイベントや情報を募集しております。お気軽に編集部宛リリースをお送りください。皆様からの情報をお待ちしております。

都政新聞株式会社 編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215  FAX 03-5155-9217
一般社団法人日本地方新聞協会正会員

東急不動産 ブランズシティ世田谷中町