HOME » NEWS TOKYO バックナンバー » 東京育ちの美味探訪 » 第34回 のらぼう菜

第34回 のらぼう菜2014年02月20日号

 

取材/細川奈津美
取材協力/江戸東京・伝統野菜研究会代表 大竹道茂
大竹道茂の江戸東京野菜通信 http://edoyasai.sblo.jp/

 

三鷹の若手農家たちがグループで取り組む伝統野菜 のらぼう菜

まもなく出荷を迎えるのらぼう菜

まもなく出荷を迎えるのらぼう菜

 「のらぼう菜」は、西多摩地方で古くから栽培され、春の訪れを告げる地元特産の野菜として知られている。こののらぼう菜を三鷹市でも取り組もうと、平成24年に市内の若手農業後継者たちで「三鷹江戸東京野菜研究会」を立ち上げたのが冨澤剛さん(40)だ。

 「もともと伝統野菜には興味があったんです。2月から3月の端境期に何かできる野菜はないかと考えていたときに、のらぼう菜を育ててみようと思いつきました」と冨澤さん。五日市の中でも良い品種を育てている農家から種をもらい、研究会のメンバーでそれぞれ取り分けて栽培している。

三鷹市内で一緒にのらぼう菜の栽培に取り組むメンバー。右から冨澤昌人さん、田中健一さん、冨澤剛さん、冨澤武人さん、森屋賢さん

三鷹市内で一緒にのらぼう菜の栽培に取り組むメンバー。右から冨澤昌人さん、田中健一さん、冨澤剛さん、冨澤武人さん、森屋賢さん

 「グループで栽培するメリットは皆で情報を共有できること。こんな方法がいいとか、こうしたらもっと美味しいものができるなど、情報交換をして栽培技術の向上に役立てています」

 冨澤さんたちののらぼう菜は、すべて露地栽培。おもにJA東京むさし三鷹緑化センターの直売所と学校給食用に出荷されている。

 地域の人々に、もっとのらぼう菜を知ってもらおうと、昨年の3月には、同センターで「のらぼう市」を開催。パッケージにオリジナルのシールを貼ってアピールし、好評だったという。今年も開催する予定で企画中だ。

のらぼう菜の販促用に作成したシール。

のらぼう菜の販促用に作成したシール。パッケージに貼って販売している

 研究会のメンバーは現在11人。のらぼう菜のほかに下山千歳白菜、伝統大蔵大根、亀戸大根なども手がけている。

 「私たち共通の願いは、“東京に農地を残したい、そしてその東京にまつわる伝統野菜を作り続けていきたい”ということ。一人でも多くの人に、こうした伝統野菜があるということを知ってもらうために、できることを少しずつ進めて、いずれは三鷹市の特産品にしたいんです」

 若手農家たちの熱い思いをのせた、のらぼう菜の出荷がまもなく始まる。

 

 

 

 

タグ:江戸東京野菜 のらぼう菜

 

 

 

定期購読のご案内

NEWS TOKYOでは、あなたの街のイベントや情報を募集しております。お気軽に編集部宛リリースをお送りください。皆様からの情報をお待ちしております。

都政新聞株式会社 編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215  FAX 03-5155-9217
一般社団法人日本地方新聞協会正会員