HOME » サイトマップ » NEXT東京街づくり » NEXT東京街づくり 第1回 新宿区

NEXT東京 街づくり 第1回2014年09月19日号

NEXT東京街づくり
 
すでに観光地として人気の高い新宿の街を地場産業を活かして東京観光の中核拠点に

 2020年にオリンピック・パラリンピック開催が決まり、国際都市としてますます注目が集まる一方、過密化した住宅環境やインフラの老朽化、交通渋滞……東京は今まさに、時代に則した都市のあり方が求められているといえる。そんなこれからの東京を担う新たな街づくりに取り組む事例を、このコーナーでは紹介する。今号では、新宿区の「観光」「産業」による街づくりについて、先日行われた「平成26年度 新宿区産業振興フォーラム」を元に見ていく。

(取材/種藤 潤)

 


 

染物や印刷など多様な地場産業が息づく新宿

「平成26年度新宿区産業振興フォーラム」では新宿の地元産業の展示が行われていた

新宿の地元産業の展示が行われていた

 新宿区が「産業」と「観光」のコラボレーションによる街づくりに注力する―その情報を発信する「平成26年度新宿区産業振興フォーラム」が、2014年8月29日「新宿区立産業会館(BIZ新宿)」内で開催された。

 会場入口付近では、新宿の地場産業が紹介されていた。実は新宿は「染の王国・新宿」と呼ばれるほど、染物文化が息づく街。会場には和の雅が凝縮した着物や帯、職人の技術を活かした和小物などが並べられていた。また、印刷事業も代表産業であり、地元印刷会社による新宿・早稲 田の風景イラストを用いた販促ツールや、点字技術を活かしたバリアフリーカレンダーも展示されていた。

 

観光のさらなる充実を目指す自治体・企業一体の街づくり

基調講演を行った「新宿観光振興協会」理事長の大西洋氏

基調講演を行った「新宿観光振興協会」理事長の大西洋氏。同氏が代表取締役社長を務める新宿伊勢丹も「外国人観光客の売上単価は高い」とし、地域活性における観光強化の重要性を示した

 フォーラムは2部構成。はじめに2014年6月に発足した一般社団法人新宿観光振興協会理事長であり、株式会社三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長の大西洋氏による、『「産業」と「観光」~相乗効果がもたらす地域経済活性化~』をテーマとした基調講演が行われた。

 同振興協会の設立趣旨と現状について説明した後、まず訪日観光の現状について解説。10年間で観光客が急増していること、彼らの旅行出費額の高さ、旅行満足度および再訪希望が9割超であることなど、日本の観光ポテンシャルの高さを示した。

 そのような現状を受け、国が観光立国実現に向けた6つのアクション・プログラムを推進、その中で各地域が担うべきこととして、大西氏は「世界に通用する魅力ある観光地域づくり」「外国人旅行者の受入環境整備」「MICE(集客効果の高いビジネスイベントの総称)の誘致・開催促 進と外国人ビジネス客の取り込み」の3つを挙げた。

 そしてこれらを新宿で実現することが重要だとし、街づくりに寄与する人材育成やICTの観光利用促進、海外発行のクレジットカード利用拡大、ホテル・デベロッパーと連携した観光パッケージ開発など観光客向けコンテンツ開発が必須であり、具体的な展開として「クールジャパン等高 価値のコンテンツ」「日本独自のおもてなしとサービス」「観光客との接点確保・PR手法の工夫」を、自治体と企業が一体となって進めて行くとした。

 その上で新宿には、前述の「染物や印刷などの伝統技術」に加え、「文豪が愛した街」「大学・専門学校の多さ」「大型商業施設の充実、飲食店・宿泊施設の多様性」「外国人居住者数の多さ」など多様なポテンシャルがあり、さらに「国内の外国人旅行者の訪問率」「東京で最も満足した街」がいずれも新宿が1位であるという新宿ブランドの高さも確認。これらの価値を活かした街づくりを、原宿や鎌倉などの先例を参考にしながら行っていくとした。さらにこれらの取り組みは、地場産業の活性化にも繋がると、大西氏は付け加えた。

 

2020年に向け新宿には多くのビジネスチャンスがある

 続いて、新宿区産業コーディネーターを務める柴田徹氏の司会のもと、大西氏に加え、中山弘子新宿区長、新宿区産業振興会議会長の植田浩史氏、藤田観光株式会社取締役執行役員の北原昭氏、愛国製茶株式会社代表取締役社長の馬場章夫氏による、『ビジネスチャンスを掴め!!~新 宿Power~』と題されたパネルディスカッションが行われた。

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子。手前から司会の柴田氏、パネリストの馬場氏、北原氏、植田氏、大西氏、中山区長

 まず、中山区長による官民一体となった“ALL新宿”体制による街づくりを区が推進している話からスタート。続いて、新宿の「今」と「今後」に話が移り、大西氏が商業施設運営の立場から、「新宿には東西南北それぞれの顔があり、そのなかで西口、東口の開発は遅れ気味。渋谷の ような今にフィットした開発が必要」と語った。植田氏はホテル運営について言及、「団体客と個人客の割合は完全に逆転した。今は個人旅行に則した情報発信が大切」とし、それに対し北原氏が「西口がビジネス向け、東口が観光向けと、ホテルごとの棲み分けと連動性を高めていくべ き」と付け加えた。

 馬場氏は地場産業の立場から、「新宿のどの商店街も厳しいが、地域に60代前後のリタイア組が増え、町会に力がつきつつあり、連携すれば十分パワーになる」と期待を覗かせた。そして中山区長は「従来の観光とは一線を画す、新宿ならではの観光の構築を目指し、夏目漱石生誕1 50周年を記念した復元アトリエなど、“土地の記憶と文化の創出”をテーマにした街づくりに着手している」と、区の具体的な街づくりの方向性を示した。

 話題は2015年にコマ劇場跡地に完成予定の「ホテルグレイスリー新宿」にも及び、同ホテルを運営する北原氏は、「完成後は新宿の人の流れは大きく変わる」とし、「新宿が東京の観光拠点として存在感を示す上で、観光案内が最も重要。新宿に加え東京全体の魅力スポットを同ホ テルでも発信したい」と話した。

 こうした各パネリストの意見を踏まえ、植田氏は「2020年に向け、新宿には多くのビジネスチャンスが出てくる。ぜひ多くの企業が挑戦してほしい」と、新宿の地場企業へエールを送った。

 

 

 

 

タグ:新宿区 新宿区産業振興フォーラム 地場産業 2020年

 

 

 

定期購読のご案内

NEWS TOKYOでは、あなたの街のイベントや情報を募集しております。お気軽に編集部宛リリースをお送りください。皆様からの情報をお待ちしております。

都政新聞株式会社 編集室
東京都新宿区早稲田鶴巻町308-3-101
TEL 03-5155-9215  FAX 03-5155-9217
一般社団法人日本地方新聞協会正会員